スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Favorite Artists 5

― 丁紹光 Ting Shao Kuang 中国 1939- ―
初めてこの方の作品を見たとき、背中に電流が走りました。
その孔雀のような色彩の美しさ、造形の華やかさ、
何とも言えない大人の女性の色気。
いつまでも見つめていたい、この上なく美しいシルクスクリーン。
その後、ホテルや大きな病院、テナントビルなどで
飾られているのを見かけるようになりましたが、
一時の流行だけに留まらない、揺るがない品格のある作風です。
このように永遠に人の心を打つ作品を、
生きている間にひとつでも生み出せるようになりたいです。
自国の中国・アメリカでのご活躍により、
国連(WFUNA)の公式アーティストでいらっしゃるティン様。
真の品格は世界を席捲するのですね。

そんな魅力的な作品の傍に飾りたい、
em0751 エメラルド2.88ctプラチナネックレスダイヤ1.00ct付。
http://www.your-emerald.com/shohin/shosai/em0751.html

ハロウィンシーズン到来♪

ハロウィンスィーツ
愛らしいK様が、キュートなサプライズ、
ハロウィンを連れて来てくださいました!
いつもキュートなトキメキを与えてくださる素敵なレディー様・・・
こんな素敵なおとなの女性になれたらなぁと思っております。
身近にお手本にしたい方がいることってとても幸せです。
朝ドラのあさちゃんじゃないけれど、
やわらかいレデイースパワーで頑張らなくちゃ!と思います。

Favorite Artists 4

―ジョルジョ・モランディ イタリア 1890-1964 ―

イタリア!と聞くと華やかな色合いを想像しますが、
このシックな色合いの静物画を生涯描き続けたモランディは、
ジョルジュ・デ・キリコと「形而上派」と呼ばれた時期もありましたが、
独自の静物画のスタイルを貫いた「孤高の画家」と呼ばれているそうです。
「現実の裏に潜む非現実を描く」というストイックなテーマで、
同じような花瓶などの静物をひたすら描き続けるその静かな情熱。
この画家の何が気になるかというと、
わずかな色合いで描かれた静物たちからかもしだされる、
その謎めいた精神性だと思います。
そのわずかに見える色合いも、きっと巧みにあらゆる色を用いて表現されている、
何とも言えない奥深さ。
この世の複雑さ理不尽さ等も問うているかのような、
現実の静と心の中の動の対比。
こんなかしこい精神性には、申し訳ありません到底及ぶ訳もございませんが、
時折モランディの存在を思い出し、自問自答させていただいております。

人生の奥深さを感じさせてくれる、
em0743 エメラルド0.39ctプラチナリングダイア付。
http://www.your-emerald.com/shohin/shosai/em0743.htm

もっと欲しい、人間力。3

ゴリゴリ押し込んででも出たがりの人がいます。
(私もそっち寄りキャラかもしれませんが)
波風立てずにひっそりと丁寧に水面下で物事をスマートに進めたい人もいます。
その人それぞれのやり方をお互い認め合う受け入れあうのもなかなか難しいものです。
価値観が真逆だったりしたら分かり合えるわけありませんもんね。
でも、真逆の相手と共同作業しなければならない、
真逆の相手を愛してしまった、等
真逆の相手を理解しなければならない・したい立場にたった時、
初めて新たな価値観に向き合う瞬間に出合います。
それはまさに目から鱗が落ちる程の衝撃です。
そしてそれは確実に自分の内面を肥やしてくれます。
そういった出逢いは自分の成長の時でもあるのです。
違った価値感との出逢い、その一瞬を逃しませぬよう。

京都発、「今現代の春画展」に飛び入り参加いたします。

Facebookでお知り合いになった日本画家の方のお招きで、
突如、この「今現代の春画展」に飛び入り展示させていただくことになりました!
https://m.facebook.com/ima.shunga
何分春画ですので、ちょっと顔が赤らんでしまうテーマですが、
おしゃれに見えるよう心掛けて作画いたしました。
日本画家の皆様はダイナミックなサイズの作品を展示されますが、
わたしはマッチ箱大の小さなペン画の5連作を出品いたします。
16年ぶりにペンを握って描いたミニイラスト。
自分でも驚きの出来事です。

京都 河原町三条 アートギャラリー北野
http://www.gallery-kitano.com/index.aspx
今現代の春画展
会期:2015年10月07日(水) - 10月12日(月) 12:00 - 19:00 (最終日 17:00)
会場:2階
出展:久安敬三 福井安紀 藤岡雅人 福元なおんど 他
東京で江戸時代の「春画展」が永青文庫でおこなわれるのにあわせて、
京都で「今現代の春画展」を開催いたします。
久安 敬三、福井 安紀、藤岡 雅人、福元なおんど 他有志が「今の春画」を制作します。
(↑この「有志」が飛び入りのわたしです。)

京都界隈を通られます際にお時間許しましたら
そっと覗いてみてくださいませ。
プロフィール

MySoul

Author:MySoul
お絵かき大好きの京都の田舎者が、就職から神戸に根を生やしてはや20年余り。
海と山が一望できる神戸の心地よさは格別です!どうぞ神戸に遊びにいらしてくださいね!
ユアエメラルド
http://www.your-emerald.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。